ページ内移動用のメニューです。

30th ANNIVERSARY 30周年のごあいさつ

魅力ある賃貸住宅のあり方、快適な住まいを創造する企業として進化し続けるために

三井不動産レジデンシャルリース株式会社
代表取締役社長

角田義仁

【写真】角田義仁

日ごろのご愛顧、ご協力への感謝

当社は、おかげさまをもちまして、2016年度で会社設立30周年を迎えました。1986年の設立以来、1戸から1棟にいたるまで幅広く賃貸住宅の管理・運営を手がけ現在では約6万戸の管理をお任せいただいています。

その歩みの中では、「東京ミッドタウン・レジデンシィズ」など日本を代表する賃貸レジデンスの管理・運営や、都心部を中心とした高級賃貸マンションの仲介機能を担うレジデントファーストの設立、およびマンションの居住者の皆様へのフロントサービス等を提供するアコモデーションファーストの設立 など、魅力ある賃貸住宅、快適な都市の住まいの充実を目指した取り組みを行ってまいりました。振り返りまして、改めまして日ごろのお客様の多大なるご愛顧と、当社業務を支えていただいているご関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。

「三井の賃貸」付加価値の高い商品・サービスの提供へ

当社は、2016年4月より新社名「三井不動産レジデンシャルリース」のもとに事業を推進しております 。賃貸住宅に対するご入居者の皆様の意識やニーズが近年ますます多様化・高度化する中で、当社は、「三井の賃貸」ブランドのもと、より上質で付加価値の高い商品・サービスの提供を目指し、ご入居者様のニーズを的確に把握し、オーナー様に最適なご提案をさせていただけるように努めてまいります。三井不動産グループの中で、賃貸住宅のプロパティマネジメント事業を手がける中核会社であることを強く意識し、社員一同心を新たに業務に邁進いたす所存でございます。

進化し、挑戦する企業として

30周年は大きな節目ではございますが、わたしたちにとりましては、さらなる成長のためのひとつの通過点であると考えております。これまで以上に、社会・経済環境の変化や多様化するお客様のニーズに対して強く高い関心を持ち、進化と挑戦を続けてまいります。

そのためにも、社員一人ひとりが高い専門性を持ち、将来のお客様のニーズにご期待以上の付加価値でお応えできるプロフェッショナルとしての努力・研鑽を継続し、新しいサービスの開発や高品質かつきめ細やかな対応力の向上により、お客様やご関係者の皆様から一層のご評価とご信頼を寄せていただけますよう取り組んでまいります。

今後とも変わらぬご厚誼とご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

30th ANNIVERSARY

ページトップへ